通販サイトの価格を比較するべき理由と注意点

今日、インターネットでは様々な通販サイトが存在しますが、その中でもアマゾン、楽天市場、ヤフーの3社で国内の通販流通の約半分が占められています。
当サイトではアマゾンの情報を元に楽天市場やヤフーショッピング、その他専門ショップを含めた価格横断検索および比較を行っています。
価格データは各社より提供されているシステムや通販サイトから取得、調査しています。
さまざまなサイトの価格比較を行うことで、プレミア商品を安く買えたり、Amazonで在庫切れのアイテムでも購入することができるかもしれません。
気になるアイテムは是非チェックしてみましょう。

価格比較の落とし穴

当サイトは価格比較を行うサイトですが、残念ながら万能というわけではありません。
当サイトで表示される価格はあくまで「商品の価格」です。
しかし通販サイトで購入する場合、「商品価格」以外に「送料」などの手数料がかかります。
サイトによっては送料が非常にわかりにくく書かれていたりしますが、必ずチェックしましょう。
わかりにくいサイトは商品価格を安く設定して、送料を高く設定している可能性もあります。一見安いと思ってもトータルで見たら他のショップのほうが安かったということもあります。

それ以外に、当サイトはシステムで調べているため、ショップが入力項目を間違えている場合、間違った情報で比較することになります。
たまにあるのですが、バーコード(JANコード)を間違って登録されていたり、複数個で1つの商品であるにもかかわらず、ばらして1個単位で売っている商品に同じJANで登録しているようなショップがあります。
本来別のものなのですが、おそらくシステム上、JANコードを入力しないと登録できないため、便宜上入力しているのでしょう。
こればかりはチェックできませんので、すみませんが目視にてご確認下さい。

通販の注意点

通販を利用するにあたって、送料以外に注意すべき点として「キャンセルや返品の可否」や「問い合わせ先の存在」があります。 キャンセルは対応しているショップと対応していないショップが存在します。
アマゾンは基本的にキャンセルが出来ますが、その他のショップはできたりできなかったりまちまちです。
通販サイトの場合、特商法上、返品について記入する必要がありますので、必ずどこかに記入があります。(表示の無いサイトは特商法違反になりますので利用しないほうが無難です。)
また、問い合わせ先がメールのみというのも要注意です。
『届いてみたら別の商品だった、問い合わせ先がメールだけで連絡しても返事がない』
このような事態にならないためにも、最低でも電話番号等が存在するかくらいは確認しておきましょう。

※近年、ノートパソコンなど高価な商品のモックアップ(飾りもの)を販売しているサイトがあります。
ぱっと見た目では本物のように見えますが、飾り用のものですので当然ながら動きません。
商品名はしっかり確認するようにしましょう。


© 2011-2016, cloversearch.net